g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
仔牛のサルティンボッカ
セージをアクセントに、軽やかなソースでいただく定番の 肉料理
仔牛のサルティンボッカ
シェフ * 神戸勝彦
■ イタリア料理/肉の料理
Photo by REDAK 
■ 材料:5人分/調理時間:20分

仔牛ロース肉(50g)…10枚
生ハム…10枚
セージ…10枚
レモン…1/2個
白ワイン…50cc
薄力粉、オリーブ油、バター、塩、こしょう…各少々

[つけあわせ]
キャベツ…1/2個
長ねぎ…1本
アンチョビのフィレ…2枚
にんにく…1/2かけ
下ごしらえ
・キャベツは乱切りにする。
・長ねぎ、にんにくは薄切りにする。
作り方
1.仔牛肉を肉たたきでたたいて伸ばす。片面に軽く塩を ふっておく。

2. 仔牛肉の中央にセージの葉をのせ、生ハムを重ねる。 生ハムの上から薄力粉をる。

3. フライパンにオリーブ油を熱し、生ハムの面から強火 で焼く。焼き色がついたら裏返して、仔牛肉にも焼き色を つける。

4. オリーブ油を捨ててバターを加え、バターが溶けたら 白ワインを加えて煮詰める。

5. 肉を取り出し、フライパンにレモン汁を入れ、塩、こしょ うで味を調えてソースにする。

6. 別のフライパンにオリーブ油、にんにく、アンチョビを入 れて炒める。キャベツ、長ねぎを加えてしんなりするまで 炒め、付け合せる。

 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.