食のプロと一緒にフード業界を盛り上げますg-chef

ベトナム式 豚肉たまご

旧仏領インドシナ料理 Indochinoise 園 健 • 田中 あずさ

旧仏領インドシナ料理 Indochinoise

インドシナ古典料理は、つくりおきが主流。
常温でおいしい、家庭のおかず

シェフ直伝「おいしいつくりおき」のコツ

「私たちがおいしいなと思うインドシナの古典料理は、ほとんどが家庭のおかず。東南アジアはお米文化なので、ごはんに合う味付けが定番です。
家庭料理は屋台のそれと違い手間がかかる料理が多いので、一度にたくさん作って常温で保存できるメニューも多く、つくりおきに向いていますね。大皿に盛り付けて、シェアしながらいただくのが現地のスタイルです。」

Recipe 1 ベトナム式 豚肉たまご

ベトナム式 豚肉たまご

材料

材料
分量 4人分
豚バラかたまり肉
500g(一口大の大きさに切る)
魚醤
大さじ2
ゆでたまご
4個
 
 
グレープシードオイル
大さじ1
大さじ1
きび粗糖
40g
 
 
小さじ1
赤生とうがらし
1本
黒粒こしょう
3粒
 
 

作り方

1 魚醤で肉をマリネする

豚肉を食べやすい大きさに切り、ボウルに入れて魚醤を加える。かるく混ぜてそのまま30分置く。

ベトナム式 豚肉たまご 魚醤で肉をマリネする
2 砂糖で淡いカラメルをつくる

鍋に粗糖、オイル、水を入れて、中火で砂糖がふつふつとなるまで熱する。やや焦げてきたら火を止める。

ベトナム式 豚肉たまご 砂糖で淡いカラメルをつくる
3 肉を煮込む

鍋にゆでたまご以外の材料を入れ、中火で熱する。灰汁を丁寧にのぞき、落としぶたをして40分ほど煮込む。

<アレンジ例>

たまごを入れずに、代わりに粒黒こしょうを多めに加え、煮汁がわずかになるまで煮からめるとお酒のつまみになります。

<シェフより>

きび粗糖を焦げる寸前まで熱するとコクがでて、煮汁の色も茶色くなりおいしそうに仕上がります。

ベトナム式 豚肉たまご
<シェフのおすすめ!お取り寄せ情報>
奄美大島、喜界島産きび粗糖。喜界島の良質なさとうきびを100%使用しており、味や香りに華やかな広がりがあります。東南アジアの料理は砂糖を使う料理が多いからこそ、良いものを用いたい。アンドシノワーズの定番お砂糖です。通販可能

https://www.kerajiya.com/shopdetail/010000000006/
<お店情報>
旧仏領インドシナ料理 Indochinoise(アンドシノワーズ)
Adress: 非公開
Phone: 090-6659-5765
HP: http://indochinoise.com