g-chef.com
トップページ シェフのレシピ シェフのレストラン パティシエサイト オリジナルブログ 食の求人情報 コンサルティング お仕事受付中
シェフ
辻口博啓 永井紀之 藤巻正夫 堀江 進 アントワーヌサントス 安食雄二 川村英樹 桜井修一 井上佳哉
辻口博啓 永井紀之 藤巻正夫 堀江 進 アントワーヌ・サントス 安食雄二 川村英樹 桜井修一 井上佳哉
和泉光一 coming soon coming soon coming soon coming soon        
和泉光一 coming soon coming soon coming soon coming soon        
アントワーヌ サントス
ショップ
エコール・クリオロ[東京・目白]/日本とフランスのエッセンスが見事に融合斬新で個性豊かなスイーツを発信:アントワーヌ サントス Antoine Santos
1969年4月2日、フランス・マルセイユ生まれ。スイス・ローザンヌの「モジェニエ」、フランス・コルドの「パティスコル」、エクスアンプロヴァンス「レドレール」などで修業後、’94年に来日。「ヴァローナ・ジャポン」に勤務し、レシピ開発に携わり、日本全国のパティシエに最新技術を指導する。’99年コンサルタント会社「クリオロ」、2000年にはフランス菓子学校「エコール・クリオロ」を設立。パティスリーは2003年4月にオープン。
カフェ・プラリネ・ノワゼット
カフェ・プラリネ・ノワゼット
ベルベデール
ベルベデール
タルト・オレリア
タルト・オレリア
コックルージュ
コックルージュ
ルレ・マッチャ
ルレ・マッチャ
カラメルモンブラン
カラメルモンブラン
シシリアンルージュ
シシリアンルージュ
チョコレート
チョコレート

のどかな住宅街のなかに、いつもそこだけ人があふれている。2003年にオープンして以来、本格的、かつ個性派のケーキを次々に生み出し、瞬く間に人気を集めた。
「日本のパティスリーは季節ごとに新作を出して変化に富み、食べ手も熱心。フランスでは10年前とまったく同じレシピでケーキを作っているところが多い。それはフランスらしさでもあるけれど、新しいもの好きの僕には日本の方がぴったりみたいだ」と、目を輝かせながら語るサントスさん。
チョコレートの技術を日本に広めるために10年前に来日し、編み出した独自の製法は、自らの名前がつけられプロの間で知れ渡っているほど。ボンボンショコラや、チョコレートケーキのレベルの高さはもちろんのこと、そのほかのスイーツも独自の魅力をたたえたものばかり。
たとえば、ぷるぷるのわらび餅を巻き込んだ抹茶のロールケーキ、沖縄産黒糖のクリームで作る栗のムースなど、日本の素材を独自の視点でとらえたものは、我々日本人に新鮮な感動を与えてくれる。
ケーキは素材使い、構成こそシンプルだが、その分ストレートに味が伝わり、「サクサク、パリパリ」など食感の楽しさで変化をつけて飽きさせない。作ること、食べることを大いに愛し、楽しんでいるサントスさんの姿が目に浮かぶようだ。今、眩しいほど旬のオーラを放っているパティスリーである。


 会社概要サイトマップおたより・質問リンク集 Copyright (C) g-chef Corporation 2001-2005, All rights reserved.